最近のトラックバック

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

書庫

2011年10月30日 (日)

2011年読んだ本(5月)

というわけで、中断していた読んだ本のリストです。

 

5月

42)『塩の街』 有川浩:角川文庫 ☆5

今年は有川浩にはまりました。その第一弾がこれ。

 

43)『親ばか力』 辻井いつ子:アスコム ☆4

 盲目のピアニスト辻井伸行さんのお母様のお話。

 

44)『イニシーション・ラブ』 乾くるみ:文春文庫 ☆5

 あー!そうか! そういうことだったんだね。

 

45)『鼻すっきりの健康学』 呉孟達:講談社+α新書 ☆4

 うちではやっていません。

 

46)『新「親孝行」術』 みうらじゅん:宝島社新書 ☆4

 友達の親とクロスで親孝行するというのが面白い。

 

47)『空の中』 有川浩:角川文庫 ☆5

 有川浩第二段。昔少女漫画が好きだった僕にはツボです。

 フェイクがかわいい。

 

48)『シブすぎ技術に男泣き!』 見ル野栄司:中経出版 ☆4

 曽野綾子さんが言ってましたが、日本は技術立国でやっていかなければいけません。

 

 49)『オルファクトグラム』 井上夢人:毎日新聞社 ☆5

 よくこんな話思いつくね。耳鼻科医から見ても面白かった。

 

50)『海の底』 有川浩:角川文庫 ☆5

 有川浩の自衛隊3部作の最後の一つ。

 

51)『2011年の衝撃』 菅下清廣:フォレスト出版 ☆5

 3.11を予言した菅下氏の本。もう一度読み返してみました。