最近のトラックバック

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月25日 (日)

2011年読んだ本(10-12月)

10

96)『凡人が一流になるルール』 齊藤 孝:PHP出版 ☆4

97)『8秒で幸せをつかむ「片づけ力」』 大津たまみ:かんき出版 ☆4

98)『徳川家康(1)』 山岡荘八:講談社山岡荘八歴史文庫 ☆5

99)『赤めだか』 立川談春:扶桑社 ☆5

100)『思考は現実化する』 ナポレオン・ヒル著 田中孝顕訳 きこ書房 ☆4

101)『徳川家康(2)』 山岡荘八:講談社山岡荘八歴史文庫 ☆5

102)『運命の波にのる魔法のくせ』 はづき虹映:きこ書房 ☆5

 

11

103)『徳川家康()』 山岡荘八:講談社山岡荘八歴史文庫 ☆5

104)『夢をかなえるNLP』 岩本勝義:PHP研究所 ☆5

105)『徳川家康()』 山岡荘八:講談社山岡荘八歴史文庫 ☆5

106)『日本男児』 長友祐都:ポプラ社 ☆4

107)『徳川家康()』 山岡荘八:講談社山岡荘八歴史文庫 ☆5

108)『徳川家康()』 山岡荘八:講談社山岡荘八歴史文庫 ☆5

109)『体制維新-大阪都』 橋下 徹・堺屋太一:文春新書 ☆5

110)『徳川家康()』 山岡荘八:講談社山岡荘八歴史文庫 ☆5

 

12

111)『マンガでわかる心理学』 ポー・ポー・ポロダクション:サイエンス・アイ新書 ☆5

112)『徳川家康(8)』 山岡荘八:講談社山岡荘八歴史文庫 ☆5

113)『ほどほど掃除のしかた 辰巳 渚:小学館 ☆5

114)『徳川家康(9)』 山岡荘八:講談社山岡荘八歴史文庫 ☆4

115)『やめたら、お家スッキリ!』 佐光紀子:大和出版 ☆5

116)『モノのために家賃を払うな!』 あらかわ菜美:WAVE出版 ☆4

117)『徳川家康(10)』 山岡荘八:講談社山岡荘八歴史文庫 ☆5

118)『文章力が身につく本』 小笠原信之:高橋書店 ☆4

2011年読んだ本(9月)

9月

83)『スピード整理術』 中谷彰宏 PHP研究所 ☆4

84)『食は土にあり 永田農法の原点』 永田 照喜治:NTT出版 ☆4

85)『言葉と声の磨き方』 白石謙二:フォレスト出版 ☆4

86)『伊豆の踊子』 川端康成:オーディオブック ☆4

87)『40代にしておきたい17のこと』 本田 健:だいわ文庫 ☆4

88)『「できる人」の聞き方&質問テクニック なぜか、「人に好かれる人」の技術と習慣』 箱田 忠昭:フォレスト出版 ☆5

89)『クジラの彼』 有川 浩:角川文庫 ☆5

90)『奇跡の「話す」「書く」技術』 出口 汪:フォレスト出版 ☆4

91)『8カ国語翻訳者が明かす 大人のための「超手抜き」英語勉強法』 水野麻子:アスコムBOOKS ☆4

92)『「いい人」になるな、「できる人」になれ』 樋口裕一:マガジンハウス ☆5

93)『マイケル・サンデル 大震災特別講義 私たちはどう生きるのか』 マイケル・サンデル:NHK出版 ☆4

94)『3分でわかるクリティカル・シンキングの基本』 小川 進・平井孝志:日本実業出版社

95)『秘密』 東野圭吾:文春文庫 ☆5

2011年読んだ本(8月)

8月

73)『私の十牛図』 三田誠広:佼成出版社 ☆5

 自分探しの旅。図書館で借りた本でしたが、改めて買いました。

74)『億万長者専門学校』 クリス岡崎:中経出版 ☆5

 中々面白い!

75)『10代にしておきたい17のこと』 本田 健:だいわ文庫 ☆5

 娘に読ませようと思って買ってきましたが、娘は読みません。

76)『億万長者専門学校 実践編』 クリス岡崎:中経出版 ☆4

 74)ほどは面白くありませんでした。

77)『話し方教室』 大橋照子:日本経済新聞社 ☆4

 この夏、あこがれの大橋アナの話し方教室を受けに行きました。

78)『図書館革命』 有川 浩:角川文庫 ☆5

 図書館戦争シリーズも大詰め(番外編は別にあるようですが)。

79)『阪急電車』 有川 浩:幻冬舎文庫 ☆5

 自衛官シリーズ、図書館シリーズとは違った有川浩作品。やっぱベタ甘大好き。

80)『落語家はなぜ噺を忘れないのか』 柳家花緑:角川SCC新書 ☆5

 アラビア語講座に昔出ておられた花緑さん。

81)『働かないアリに意義がある』 長谷川英祐:メディアファクトリー新書 ☆4

 題名の付け方がいいですね。中身もまずまず面白い。

82)『成功する人だけが知っている「一万円」の使い方』 向谷匡史:草思社 ☆5

 読んだ時は面白かったんですが、ちょっと忘れてきています。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »